突然お金が借りられなくなった!どういうこと?

シェアする

突然お金が借りられなくなった!どういうこと?

審査を無事に通過してキャッシングを利用していると、突然借り入れできなくなってしまうことがあります。実は「普通に利用していたのに、突然利用できなくなった」という状況になるのは少なくないのです。
今回は突然お金が借りられなくなる理由について紹介します。

総量規制などが原因の場合

「総量規制」という規制があるのをご存知でしょうか。貸金業者は「貸金業法」に則って運営をしなければいけない決まりになっていますが、総量規制は貸金業法によって定められている規制です。利用者がお金を借りすぎてしまうのを防ぐために、2010年から施行された規制で「借りることのできる金額は利用者の年収の3分の1まで」と定めています。総量規制により滞納や事故破産などの事故がないのにも関わらず利用できなくなってしまうケースは多いようです。この総量規制は1社だけでなく、借りた金額の合計で判断されるので、複数の会社から借りていたら規制の対象額になってしまうこともあります。小額ずつでも気づかないうちに対象になることもあるので気をつけましょう。

対策

総量規制の対象となるのは貸金業者だけなので、消費者金融やクレジットカード会社ではなく、銀行のローンなどは審査に通れば利用することができます。
また、総量規制の対象外や例外がいくつかあるので、目的によっては総量規制を気にせず利用できる場合があります。

事故情報が登録された場合

借りたお金を返すのが遅れたり、自己破産をしたりすると「事故情報」とよばれるものが登録されることがあります。事故情報が登録される基準には会社や担当者ごとに違うので、曖昧な部分がありますが「返済が遅れること(滞納)が複数回あった」、「自己破産をはじめとする債務整理をした」などは信用事故なので、事故情報が登録されます。このケースだと利用停止の期間が長引くことがあります。いわゆる「ブラックリスト」入りをしている状態なので、信用が回復し、事故情報が消えるまでは借り入れをするのは困難だと考えましょう。

対策

この場合は返済計画をしっかり練ることと、無理な利用をしないことの2点に注意することが重要になります。返済計画に問題があり、借りたお金の完済の目処が立たないなら今後は借り入れをせず、債務整理を視野にいれておく必要があります。

貸し出しの審査が厳しくなった場合

貸金業者は「しっかりと返済してくれる人」にお金を貸さないと損失がでてしまい、自分たちで埋め合わせをしなければいけません。そのため貸金業者は「しっかりと返済してくれる人」を見極めるために審査を行いますが、景気や会社の運営状況の変化によって審査が厳しくなり、これ以上の貸し出しは出来ないと判断されて利用できなくなることがあります。この場合は貸金業者側の基準で決められてしまうので利用者側はどうしようもありません。新しく借り入れることはできないので、今借りている分をまずは完済して返済能力がしっかりあることを証明しましょう。

利用停止中はどうするか

利用停止中は借りている分を返済すること、利用停止の原因を明らかにすることが重要になります。利用停止の原因が分からないと今後も突然利用停止になってしまうかもしれません。信用情報機関に自分の信用情報を取り寄せたり、利用している会社に質問をしたりと色々な方法があるので、今後のためにも原因をはっきりさせておきましょう。
また、利用停止中でもお金を借り入れる必要がある場合は同じような審査の会社や、多少金利は高くても審査が甘い会社を探すようにしましょう。

おわりに

今回は突然お金が借りられなくなる理由について紹介しました。会社や利用状況によって様々な原因が考えられるので、利用できなくなったときは落ち着いて原因を探し、対策を講じることが重要になります。

The following two tabs change content below.
ローン防衛隊

ローン防衛隊

お金がないッ!急な入用でどうしていいかわからない!そんな時のためのローン防衛隊。ローンレンジャーがあなたのお金のことを一緒になって考えます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク