外国人でもお金は借りられるか

シェアする

外国人でもお金は借りられるか

お金を借りる際には様々な審査が必要になります。そのときには「国籍」なども審査の対象になるのでしょうか。今回は外国人でもお金を借りられるのかについて紹介します。

審査基準はどうなるのか

日本人に対しても細かく審査基準を設けているので、外国人が消費者金融や銀行からお金を借りようとすると、かなりの項目を満たすことが必要になるのではないかと考えてしまいます。しかし、実際には2つの重要な条件を満たしていれば外国人であっても審査を問題なく通過できるとされています。

日本語の読み書き

お金を借りる際には書類に目を通し、書かれている内容をしっかり理解できることや、会社の担当の人と基本的な会話ができることがひとつのポイントになるようです。契約内容の誤解を防ぐ、借り入れた後のトラブルを防ぐなどの目的でこのポイントは重要視されています。日常会話より一歩進んだ段階の日本語の能力が求められるといえるでしょう。

在留カードなどの証明書

「在留カード」「特別永住証明書」といった外国人用の証明書が必要になります。これは不法入国している人や、旅行などで一時的に日本に訪れている人に貸さないなどの観点から設けられています。
貸金業者としてはしっかりと返済してくれる人に貸さないと利益がだせないため、返済の途中で国へ帰ってしまったり、送還されてしまったりする人を避ける必要があり、在留カードなどのちゃんとした証明書を持っている人ならある程度は身元が信用できるからです。近い基準としては日本に来てからの日数も重要で、1~2年以内だと審査が厳しくなるともいわれています。

その他

上記の2つのポイント以外は日本人と基本的に同じような基準になります。

  • 安定した収入があること
  • しっかりと返済能力があること
  • 年齢が20歳以上であること

これらが主な評価基準になります。必要な書類を用意して、基準を満たしていれば外国人でも日本で借り入れをすることができます。日本人が利用する際に審査される基準と大きな差はありません。

銀行カードローン

外国人が日本で利用できるのは基本的にはカードローンです。住宅ローンをはじめとするより審査が厳密なものを利用する際には「日本国籍を持つ」などの条件も満たしている必要があります。銀行が取り扱っているカードローンの場合は「永住許可」を持っていることが条件になっているので、厳しくなっています。それでも他は日本人と同じ条件なので、永住許可を取得し、安定した収入があれば大抵のメガバンクのカードローンは利用することができます。

永住許可とは

一般的には「永住権」よばれるもので、「在留期間の更新手続(在留期間更新許可申請)が必要なくなる」、「就業できる職業の制限がなくなる」などの多くの利点があります。

  • 10年以上日本に在留していること
  • 素行が善良であること
  • 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
  • 申請者の永住が日本国の利益に合すると認められること

これらの条件を満たすことで取得することができます。

消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは日本人でも比較的審査が甘く、借り入れがしやすくなっていますが、それは外国人に対しても同じようです。銀行カードローンは「永住許可」をもっていないと利用できませんでしたが、消費者金融のカードローンの場合は「在留カード」などの証明書をもっていれば、審査は日本人と同様に比較的厳しくなくなります。安定した収入の基準も優しいため、アルバイトやパートの方でも利用することができます。最近では外国人でも利用できる消費者金融が増えたので、積極的に利用していきましょう。

おわりに

今回は外国人でもお金を借りられるかについて紹介しました。日本人と比較すると必要な書類や条件は多くなっていますが、それさえ満たせば外国人でもカードローンを利用することができます。会社ごとに微妙な違いもあるので、しっかり確認してから申請しましょう。

The following two tabs change content below.
ローン防衛隊

ローン防衛隊

お金がないッ!急な入用でどうしていいかわからない!そんな時のためのローン防衛隊。ローンレンジャーがあなたのお金のことを一緒になって考えます。
スポンサーリンク