新規キャッシング審査を落とされやすい人はどういう人なの?

シェアする

新規キャッシング審査を落とされやすい人はどういう人なの?

キャッシングを利用するには審査を通過する必要がありますが、なかには審査の段階で落とされてしまう人がいます。理由を聞こうとしても教えてもらえないので、原因がわからないままになってしまいます。
どういった人が審査に落とされやすいのでしょうか。今回はキャッシングの審査に落とされやすい人について紹介します。

収入が安定していない人

新規でキャッシングを利用しようとするときの審査に落ちる理由で真っ先に考えられるのが、「収入が安定していないこと」です。貸金業者は基本的には貸したお金がしっかりと返済されることを重視しているので、収入が安定せず、利用者に貸したお金が返ってこないと自分たちでその分を埋め合わせすることになってしまいます。そのため、収入が安定していないと考えられてしまう「アルバイト」や「自営業」の人は、普通の会社員などと比べると比較的審査に落ちる可能性が高くなります。また、結婚していて夫か妻に収入がある場合なら問題はありませんが、無職の人の場合はほぼ確実に断られます。

ブラックリストに載っている人

「ブラックリスト」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。ブラックリストは「ブラックリスト」という名前の秘密のリストがあると思われがちですが、実際は「過去に借り入れに関して事故を起こした情報が顧客情報に登録されている状態」のことを指します。
過去に貸金業者からお金を借りた際に返済日を大幅に過ぎて滞納してしまった、自己破産をしたことがあるなどの事故情報は、貸金業者にとって注意しなければいけない顧客情報になります。そういった経験がある人は一定期間が経ち、事故情報が消えないと審査を通過するのは非常に困難であるといえます。
反対に「ホワイト」と呼ばれる「一度もキャッシング等を利用したことのない」人も審査に通りにくいことがあります。貸金業者からするとはじめて利用する人は借金履歴がないため、どれくらい返済能力をもっているのか分からず、いきなり高額を借りようとすると落とされることがあります。ホワイトの人は1度小額を借りて返済し、借金履歴をつくっておくと審査に通りやすくなります

申し込みブラックの人

ブラックリストとは別に「申し込みブラック」という言葉があります。これは「短い期間のうちに複数の貸金業者に申し込みをすること」で、貸金業者からの印象はかなり悪くなります。わかりやすい例としては、短い期間に複数の申し込みをする人は別の貸金業者からの借金を返済するために借り入れに来た、資金繰りに苦労している人と判断されることがあります。審査落ちを見越して複数の会社に申し込もうとする人もいますが、貸金業者側からは違いが判断しにくいため、申し込みブラック扱いされて審査を落とされてしまうこともあります。複数の会社への申し込みは審査落ちのリスクを上げるので、同日には1~2社にとどめて間隔を空けるようにして申し込むようにしましょう。

総量規制との兼ね合い

貸金業者は「貸金業法」を遵守しなければいけません。この貸金業法の中には「総量規制」という項目があり、「個人が借り入れることのできる限度額は年収の3分の1まで」と規定されています。そのため、年収がどれだけ高く、返済能力があろうとも年収の3分の1以上の申請はまず通ることはありません。逆に年収もある程度あり、返済能力があることも認められていれば、総量規制以下の申請はかなり通りやすいといえます。申請のときには総量規制を忘れないようにしましょう。

おわりに

今回はキャッシング審査に落とされやすい人について紹介しました。事故情報がなければ基本的には審査は通りやすくなりますが、ホワイトの人も注意が必要です。
審査のポイントをしっかり抑えてキャッシング審査を通過しましょう。

The following two tabs change content below.
ローン防衛隊

ローン防衛隊

お金がないッ!急な入用でどうしていいかわからない!そんな時のためのローン防衛隊。ローンレンジャーがあなたのお金のことを一緒になって考えます。
スポンサーリンク